「どっか旅行したいね!」そんな時は中四国地方へ!中四国には「ここでしか出会えない景色」「ここでしか味わえない食べ物」などさまざまな魅力があります。ぜひ「中四国」の旅をお楽しみください^^

データ

【スギ・ヒノキ花粉】中四国地方の花粉飛散予測(2022年)/飛散結果(2021年)をまとめました!

こんにちは、スギ・ヒノキ・イネ花粉症のスミスです!

タイトルにもありますとおり、
2022年も春の花粉シーズンがやってきてしまいました。
早い場所では、2月上旬にも飛散開始の予測も出ておりますので、対策を始めた方が良い時期といえそうです。

この記事では、「2022年春、中四国地方におけるスギ・ヒノキ花粉はどれくらい飛散するのか」「2021年はどれくらい飛散したのか」をお伝えしていきます!

【2022年】中国・四国地方/スギ・ヒノキ花粉飛散予測

2022年/花粉飛散開始時期予測

日本気象協会によると、中四国地方のスギ花粉は早い場所で「2月上旬」と予測されています。2月上旬の飛散予測地点は「山口県の瀬戸内海側、高知県中部・西部、愛媛県中予・南予」で、その他の地点は2月中旬予想です。

2022年スギ・ヒノキ花粉のピーク予測は、広島市で「スギ花粉が3月上旬〜中旬」「ヒノキ花粉が4月上旬」高松市で「スギ花粉が2月下旬〜3月中旬」「ヒノキ花粉が3月下旬〜4月中旬」です。

出典:日本気象協会「2022年春の花粉飛散予測第3報」

2022年/花粉飛散量予測

日本気象協会によると、2022年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は、中国地方で「例年の70%(やや少ない)・2021年の80%(やや少ない)」四国地方で「例年の60%(少ない)・2021年の70%(やや少ない)」と予測されています。

都道府県別の飛散量予測結果は以下のとおりです。

飛散量(例年比)飛散量(2021年比)
鳥取県やや少ない少ない
島根県やや少ないー(欠測)
岡山県少ないやや多い
広島県平年並平年並
山口県少ないやや少ない
徳島県少ない少ない
香川県少ない少ない
愛媛県少ないやや少ない
高知県やや少ないやや少ない

※日本気象協会「2022年春 予想花粉飛散量(例年比)」「2022年春 予想花粉飛散量(前年比)」の資料をもとに表を作成

出典:日本気象協会「2022年春の花粉飛散予測第3報」

中四国地方の飛散予測は少なめの傾向ですが、広島は平年並岡山は昨年よりやや多いという悲しい予測結果でした。西日本を中心に例年・前年ともに少ない傾向となっており、全体的には、花粉症の方にとってちょっとだけ嬉しい予測結果になっています。

少なめの予報が出ているとはいっても、あくまでも予測ですので、私自身もしっかりと対策を行なっていきたいと思います!

スポンサーリンク

【2021年】中国・四国地方/スギ・ヒノキ花粉飛散結果

ここからは「中四国地方では2021年春にどれくらいのスギ・ヒノキ花粉が飛散したのか」を花粉飛散開始情報(NPO法人花粉情報協会)のデータに基づき、お伝えします。

測定地点
・鳥取県米子市
・岡山県岡山市
・広島県尾道市
・香川県三木町
・愛媛県松山市

上記、測定地点のデータをもとに飛散結果をまとめてみました!

2021年 スギ・ヒノキ花粉の総飛散数

2021年の各地点のスギ・ヒノキ花粉総飛散数は、測定地点によって大きく異なる結果でした。鳥取県米子市や愛媛県松山市はスギ・ヒノキ花粉の飛散数が多く岡山県岡山市は少なめでした。観測地点の環境による所も大きいかと思いますが、どちらにしても、1cm2でこんなに花粉が付着するのかと思うとゾッとしますね。。

地点スギの飛散数ヒノキの飛散数
鳥取県米子市3,8002,916
岡山県岡山市977466
広島県尾道市2,740437
香川県三木町3,291963
愛媛県松山市5,0431,543

※飛散数は、1cm2あたりの個数です。

2021年 スギ・ヒノキ花粉の飛散開始日

2021年、各地点におけるスギ花粉の飛散開始日は「2月上旬から中旬」ヒノキ花粉の飛散開始日は「3月上旬から中旬」という結果になりました。ちょうどスギ花粉が飛び始めて、1ヶ月ほどでヒノキ花粉の飛散が始まったようです。

なお、飛散開始日は2日間連続して花粉が観測された日であるため、実際の初観測日は下記日にちよりも早くなる場合があります。

地点スギの飛散開始ヒノキの飛散開始
鳥取県米子市2021年2月6日2021年3月9日
岡山県岡山市2021年2月13日2021年3月15日
広島県尾道市2021年2月12日2021年3月13日
香川県三木町2021年2月13日2021年3月4日
愛媛県松山市2021年2月5日2021年3月9日
ここでいう飛散開始日の定義
1平方㎝あたりの花粉数が2日間連続して1個以上になった初日とする。ただし、休日等で連続捕集した場合、連続捕集2日間では初日、3日間以上では2日目とする。

2021年 スギ・ヒノキ花粉の飛散最多日

2021年、各地点におけるスギ花粉の飛散最多日は「2月下旬から3月初旬」ヒノキ花粉の飛散最多日は「3月中旬から4月初旬」という結果でした。飛散開始後、2週間ほどでピークを迎える傾向にあるようです。

地点スギの飛散最多ヒノキの飛散最多
鳥取県米子市2021年3月1日2021年3月26日
岡山県岡山市2021年2月20日2021年4月1日
広島県尾道市2021年2月22日2021年4月1日
香川県三木町2021年2月22日2021年3月27日
愛媛県松山市2021年2月22日2021年3月18日

2021年 スギ・ヒノキ花粉の飛散終了日

2021年、各地点におけるスギ花粉の飛散終了日は「4月上旬から中旬」ヒノキ花粉の飛散終了日は「4月下旬」という結果でした。2月から4月にかけての3ヶ月間にわたり、スギやヒノキ花粉は飛散しています。

地点スギの飛散終了ヒノキの飛散終了
鳥取県米子市2021年4月13日2021年4月27日
岡山県岡山市2021年4月1日2021年4月27日
広島県尾道市2021年4月9日2021年4月29日
香川県三木町2021年4月4日2021年4月26日
愛媛県松山市2021年4月11日2021年4月27日

2021年 スギ・ヒノキ花粉の飛散推移

各地点におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散量の推移を折れ線グラフにまとめました。

グラフで見てみると、米子市で観測された花粉の多さが目立ちます。一方で、岡山市で観測された花粉の少なさがとても印象的な結果でした。同じ中四国地方でも、場所によって大きく異なります。

出典:NPO法人花粉情報協会「ダーラム法によるスギ花粉測定(2021年)ダーラム法によるヒノキ花粉測定(2021年)
※グラフや表は、上記出典もとのデータを活用し、作成。
※ダーラム法:単位面積(1平方㎝)あたりに落下する花粉数を計測する重力法

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

「備えあれば憂いなし」がそんなに通用しない気がする花粉症ですが、私の行きつけのお医者さんによると、症状を悪化させた後は薬が効きにくいため、薬などを服用し、症状を出させないことが大切だから、と助言を受けました。

今年もこの言葉を胸に刻み、早めに薬を飲みながら、2022年春シーズンを乗り越えていきます。皆さまも体調に気をつけて、春を楽しんでいただければと思います。

それでは、次の記事でお会いしましょう!

当サイトでは「中四国地方に関する様々な情報」を発信しています。トップページには「記事の新着情報」や「最新記事」を一覧で載せていますので、よろしければブックマーク登録をお願いいたします^^

スポンサーリンク
ABOUT ME
smith
「中四国地方が大好きになるサイト」を運営しているスミスと申します。定期的に記事を更新しますので、よろしくお願いします^^