【どっか旅行したいね!そんな時は中四国地方へ!】中四国には「ここでしか出会えない景色」「ここでしか味わえない食べ物」などさまざまな魅力があります。ぜひ「中四国」の旅をお楽しみください^^

データ

中四国地方の都市ランキング/都会度が高いトップ10の街を発表します!

こんにちは、スミスです。
今回の記事では、中四国地方の都市で「都会度が高い街トップ10」をランキングにしました!人口だけの指標では分からないことが多いので、交通機関や法人数、飲食店数など様々な指標を参考にしながら、ランキング付けしました。

参考程度に読んでいただければと思いますm(_ _)m

どうやって都会度を測定するのか?

今回は私流の方法で以下のとおり都会度を測定し、ランキング付けしました。なお、都会度測定の解説文になるため、読み飛ばしても問題ありません。

1、都会度を測定する10の項目を選定する

都会の定義は難しいですが、今回は以下の項目を選定しました。

■人が多い(配点20)
→人口、昼間人口
■交通機関が充実している(配点20)
→JRおよび私鉄等の乗降客数
■お店が多い(配点20)
→小売業の店舗面積、飲食店数
■ホテルなど宿泊場所が多い(配点10)
→宿泊所数
■会社が多い(配点20)
→法人数・従業員数
■ビルが多い(配点10)
→高層ビル数

人が多い=都会交通機関が充実=都会お店が多い=都会ホテルなど泊まれる場所が多い=都会会社が多い=都会高層ビルが多い=都会という安易な考えに基づいています。考えれば考えるほど都会とはなんぞや??となったので、あまり突っ込まないでください(笑)

2、トップ10に入りそうな中四国の15都市を選出

まずはトップ10にランクインしそうな中四国の15都市を以下のとおり抽出しました。この15都市は「中四国の人口数が多い上位15都市」から選んでいます。
その後、各都市における10項目に関する値を、様々な手法により調べました。

■中国地方
鳥取市、松江市、出雲市、岡山市、倉敷市、広島市、福山市、呉市、東広島市、山口市、下関市

■四国地方
徳島市、高松市、松山市、高知市

3、中四国地方で一番都会度が高い都市を決定

中四国地方で一番都会度が高い都市を決めるため、福岡市を100とした時、「中四国地方各都市の点数を算出」しまして、最も高い点数だった都市を中四国地方で都会度No.1都市とします。

なお、福岡市の各項目数値は以下のとおりでした。

項目数値
人口1,613,361人
昼間人口1,704,218人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
102,821人/日
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
137,027人/日
小売業売り場面積1,484,741㎡
宿泊所数405箇所
飲食店数9,367店
法人数23,072社
従業員数782,408人
高層ビル数
(高さ61m以上)
39棟

4、中四国で一番都会度が高い都市を基準に、各都市の点数を算出し、ランキング付け!

中四国地方の中で一番都会度が高かった都市を100とした時、中四国各都市の各項目の点数を算出しました。

※4の補足説明
2位以降の各都市も福岡市基準に点数を付けてしまうと、例えば「福岡は私鉄利用者が非常に多いため、中四国の私鉄利用者が多い都市は得られる点数が下がってしまう」などの状況が生じます。これだと私鉄メインの都市が不利になってしまうと考え、中四国の1番都会だった都市を基準に点数付けするのがベストかなと判断し、この方法をとっています。

果たして、中四国地方の都会トップ10はどこの都市がランクインするのか?激しい接戦になっていますので、ぜひご覧いただければと思います。
※調べるのが大変だったので、見ていただきたい願望ありww

参考文献

■人口
令和2年国勢調査速報値

■昼間人口
平成27年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計

■JR駅の乗降客数(トップ3平均)・私鉄・第3セクターの乗降客数(トップ3平均)
国土数値情報(駅別乗降客数データ)(国土交通省/平成30年)

■小売業の売り場面積
商業統計調査 統計表一覧 平成26年商業統計 確報

■飲食店数、法人数および従業員数
平成28年経済センサス‐活動調査 企業等に関する集計 産業横断的集計

■高層ビル数
福岡市の高層ビルはウィキペディアを参照。
ビル数は竣工済かつ高さ61m以上を条件にカウントしています。2021年9月時点で建設中・計画中の高層ビルは数に含んでいません。

スポンサーリンク

都会度ランキング第1位 広島市

第1位は、国際平和都市である広島市です。
福岡市を100(項目別では10)とした時、広島市は75.133という中四国トップの結果でした!福岡の4分の3規模の都市という見方もできるかもしれません。個人的には結構リアルな気がします(笑)

項目点数
(基準10)
数値
人口7.4461,201,281人
昼間人口7.1061,211,020人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
6.97271,683人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
4.70464,461人
小売業売り場面積8.7241,295,285㎡
宿泊所数6.469262箇所
飲食店数6.9626,521店
法人数8.52119,659社
従業員数6.435503,446人
高層ビル数
(高さ61m以上)
11.79546棟
合計75.133

高層ビル数(61m以上)は福岡市より広島市の方が多いため、10を超える数字となっています。また、広島市は小売業売り場面積や法人数が多いのも特徴と言えそうです。

ここからは、中四国地方各都市の順位を見ていきましょう!

都会度ランキング第2位〜10位

第2位以降は、広島市を100(項目別では10とした時の数値となります。

第2位 岡山市

第2位は、中四国地方の交通拠点である岡山市です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口6.036(2)725,108人
昼間人口6.153(2)745,199人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
7.288(2)52,243人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.655(4)4,219人
小売業売り場面積6.703(2)868,272㎡
宿泊所数4.924(3)129箇所
飲食店数5.067(2)3,304店
法人数6.195(2)12,178社
従業員数6.210(2)312,653人
高層ビル数
(高さ61m以上)
3.913(2)18棟
合計53.144

総合的に2位の項目が多く、53.144という結果となりました。

第3位 高松市

第3位は、四国地方のビジネス拠点である高松市です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口3.478(6)417,803人
昼間人口3.599(6)435,901人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
1.434(8)10,279人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
1.684(3)10,856人
小売業売り場面積4.722(3)611,613㎡
宿泊所数4.847(4)127箇所
飲食店数3.536(4)2,306店
法人数4.228(3)8,311社
従業員数3.826(3)192,606人
高層ビル数
(高さ61m以上)
1.739(3)8棟
合計33.093

高松市は中四国地方で6番目に人口が多い都市ですが、今回のランキングでは第3位にランクインしました。人口やJR駅の乗降客数を除けば、3位から4位を占めています。

第4位 松山市

第4位は、道後温泉や松山城など有名観光地がある松山市でした。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口4.259(3)511,569人
昼間人口4.295(3)520,193人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.811(12)5,810人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
1.729(2)11,146人
小売業売り場面積4.479(6)580,152㎡
宿泊所数5.954(2)156箇所
飲食店数3.543(3)2,310店
法人数3.867(5)7,603社
従業員数3.666(4)184,565人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0(-)0棟
合計32.603

高松市とは僅か0.49の差で、すごく僅差でした。
松山市で計画中の高層ビルが完成すれば、高松市を越える可能性もあると言えます。

第5位 福山市

第5位は、バラの街として有名な福山市です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口3.840(5)461,268人
昼間人口3.839(5)464,897人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
2.822(4)20,229人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0(-)0人
小売業売り場面積4.542(5)588,302㎡
宿泊所数3.931(7)103箇所
飲食店数3.087(6)2,013店
法人数4.052(4)7,966社
従業員数3.517(5)177,075人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0.435(5)2棟
合計30.065

バランス良く点数が上積みされた結果、第5位という結果になりました。

第6位 倉敷市

第6位は、美観地区という美しい街並みが広がることで有名な倉敷です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口3.952(4)474,793人
昼間人口3.894(4)471,594人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
3.264(3)23,400人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.342(6)2,202人
小売業売り場面積4.684(4)606,722㎡
宿泊所数3.855(8)101箇所
飲食店数2.730(8)1,780店
法人数3.456(6)6,794社
従業員数2.641(6)132,936人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0(-)0棟
合計28.818

JR駅の乗降客数トップ3平均は、23,400人で第3位という結果でした。JR利用者の多さには驚きました。JR倉敷駅から出発する電車の本数も調べましたが、思っている以上に多かった。

第7位 高知市

第7位は、カツオのたたきなど美味しい食べ物で溢れるグルメな街、高知です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口2.721(7)326,814人
昼間人口2.861(7)346,494人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.581(13)4,166人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.436(5)2,810人
小売業売り場面積3.045(7)394,360㎡
宿泊所数4.771(5)125箇所
飲食店数3.349(5)2,184店
法人数2.668(8)5,246社
従業員数2.261(7)113,853人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0.652(4)3棟
合計23.346

宿泊所数や飲食店数、高層ビル数が上位にランクインしています。

第8位 徳島市

第8位は、阿波踊りで有名な徳島です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口2.101(9)252,364人
昼間人口2.315(8)280,361人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.894(10)6,409人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0(-)0人
小売業売り場面積2.265(9)293,355㎡
宿泊所数3.702(9)97箇所
飲食店数2.860(7)1,865店
法人数2.720(7)5,347社
従業員数2.052(8)103,311人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0.435(5)2棟
合計19.344

バランス良く点数が積み上げられています。徳島駅前や国道沿いは車の交通量も多くて、都会的な印象を持っています。

第9位 下関市

第9位は、本州最西端の海峡都市である下関市です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口2.124(8)255,199人
昼間人口2.188(9)264,983人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
1.667(5)11,953人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0(-)0人
小売業売り場面積2.848(8)368,846㎡
宿泊所数3.397(10)89箇所
飲食店数1.860(9)1,213店
法人数2.069(9)4,067社
従業員数1.598(11)80,458人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0.435(5)2棟
合計18.186

JR駅の乗降客数が多い特徴があります。福岡県の小倉や門司方面に向かう電車も結構走っており、福岡県とも繋がりが多い都市となっています。

第10位 松江市

第9位は、宍道湖に面し、玉造温泉などの温泉地もある観光都市の松江市です。

項目点数
()内は中四国15都市の順位
数値
人口1.696(11)203,779人
昼間人口1.581(11)213,717人
JR駅の乗降客数
(TOP3平均)
1.643(14)3,968人
私鉄等の駅の乗降客数
(TOP3平均)
0.112(8)721人
小売業売り場面積1.765(14)228,596㎡
宿泊所数4.427(6)116箇所
飲食店数1.537(11)1,002店
法人数1.698(11)3,338社
従業員数1.491(12)75,080人
高層ビル数
(高さ61m以上)
0.435(5)2棟
合計15.479

人口は中四国地方で11位でしたが、トップ10にランクインしています。市街地の近くに温泉地もあり、宿泊所数が多い特徴があります。

なお、中四国地方で人口第10位の呉市の得点は14.184で、第11位という結果でした。

順位まとめ

順位都市得点
第1位広島市100.000
第2位岡山市53.144
第3位高松市33.093
第4位松山市32.603
第5位福山市30.065
第6位倉敷市28.818
第7位高知市23.346
第8位徳島市19.344
第9位下関市18.186
第10位松江市15.479
スポンサーリンク

最後に一言

今回のランキングでは、できるだけ客観的な指標で調査できるものを軸に項目を選定し、ランキングを作成しました。私的には、意外にもそれっぽい結果になったような印象でしたが、いかがでしたでしょうか??

当然、項目や配点によっても点数は異なってくるので、あくまでも参考程度に見ていただければと思います!

また、中四国地方のことを少しでも知っていただければ幸いです。今後ともこのようなランキングも含めながら、中四国地方のさまざまな情報を発信する記事を書いていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
それでは、また次の記事でお会いしましょうm(_ _)m

当サイトでは「中四国地方に関する様々な情報」を発信しています。トップページには「記事の新着情報」や「最新記事」を一覧で載せていますので、よろしければブックマーク登録をお願いいたします^^

スポンサーリンク
ABOUT ME
smith
「中四国地方が大好きになるサイト」を運営しているスミスと申します。至らぬ点がたくさんありますが、定期的に記事を更新しますので、何卒よろしくお願いします^^